新たな場所

新しい場所に建てることで話が進みだしたが、どこにするかを話あった。

私は、もう叔母や兄に関わりたくないので

自分が生まれ育った場所だが候補にはない。

友だちが地元にたくさんいて最初は地元に帰れるのを楽しみにしてたが、それ以上に関わりたくないほうが強かった。

おばあちゃんや母も何十年もそこで生まれ育ち、

何も知らない、知り合いがいない場所に行くのはどうなのか、私たちは心配した。

寂しくないわけがないと。これで本当にいいのか、何度もおばあちゃんに聞いた。

白紙にしてもいいからね。と…

だけど、おばあちゃんは、私たちとみんなで住めればいい。年に数回お墓参り

に帰れればいいと言った。

私たちは主人の地元を第一候補として考えはじめた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました